Wednesday, October 2, 2013

Alfresco勉強会#18 振り返り

こんにちは。自動車保険の更新時期が近づいてきて不眠気味の大谷です。

生命保険とか医療保険みたいに乗り換えるとペナルティがある(契約時期が若いほど安い)ものだと基本継続で良いのですが、自動車保険は見直すたびに他社が安いので毎回それなりの労力をかけて5社~10社程度オンライン見積もりで比較して最安値のところを見つけています。これまで一度も継続したことないんですが、自動車保険って乗り換えのお客さんに裏で値引きした金額を提示してたりするんでしょうか?自動車保険に安寧の地はあるのだろうか…

さて、少し遅くなってしまいましたが、さる9/25(水)に第18回Alfresco勉強会が開催されました。今回は2つの発表がありましたので、それぞれ簡単に紹介したいと思います。


1. Alfrescoのバックアップとリストア

資料はこちらです。

はい、自分の発表です。Alfresco4でのバックアップとリストアの方法について簡単に(というかエッセンシャルな部分を)紹介しました。

バックアップの対象となるデータがDBとファイルシステム(コンテンツのファイル実体)、全文検索インデックスの3つで、コールドバックアップとホットバックアップでそれぞれどのようにバックアップ/リストアを行うのかという内容です。ホットバックアップ時の3データのバックアップ順序がとても重要です。


2. パフォーマンスチューニングのさわり

資料はこちらです。

続いて弊社戸谷からの発表で、Alfrescoについての(一部はもっと一般的なJavaアプリケーションにも共通する)パフォーマンスチューニングの概論が紹介されました。

この手の話はなかなかまとまった情報として存在しないので、とても重宝する内容じゃないかと思います。パフォーマンスに影響を及ぼす要素とAlfresco上での具体的なイベント、それらへの対処方法が説明され、一部はAlfrescoでの実際の設定項目が紹介されました。話の中で一番意外だったのは、搭載メモリを出来るだけたくさんJVMのヒープ領域に充てるのではなく、必要量を実践的に決定し、残りをディスクキャッシュとして有効活用できるようにする、という点でした。


次回、第19回Alfresco勉強会は11/27(水)19時を予定しています。Alfrescoについて発表をしたいよ、という方を含め、たくさんのご参加をお待ちしております。

No comments:

Post a Comment